2019年09月12日

明日は健診です

明日9月13日 金曜日は日進市保健センターにて
健診をします

午後の診療はPM4:00からになります

よろしくお願いいたします
posted by nob at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

まだ暑い ネコ

まだ暑い日が続きます

飼っているネコの名前は「もね」といいます

あんまり動きません

もね.jpg

壁に顔をくっつけて寝るのが好きで

いつも眼が逆八の字につり上がっています

もね1.jpg

ネコの「ダヤン」に似ています

元 保護猫です

posted by nob at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

日曜診療 8日 薬師如来さまのご縁日

本日は日曜診療です

9月8日(日)

8日、毎月8日は薬師如来さまのご縁日であります

そんなわけで薬師如来さまのご真言を唱えています

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

ころころ というところが面白いので

割合早く覚えられました

来院される患者様にも
福が訪れますようにと
頭の中で暗誦しながら
診療する一日であります

今日は聖母マリアの誕生日でもありました







posted by nob at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

まだ桔梗の絵を描いている

まだ桔梗の絵を描いています

前回の続き・・・

IMG_0008.jpg

今月は花びらに色を濃くつけていきました

IMG_0012.jpg

まだ全体にうすらぼんやりしているので
もう少し修正します

花びらの中心部

IMG_0014.jpg

来年9月の展示会には間に合うでしょう

posted by nob at 08:15| Comment(0) | 美術・ボタニカルアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

運をためよっか! 3


天に徳がたっぷり貯まっても、地上現世が貧困では意味がありません

雨の恵みがありそうな雲が大空を覆っていても
地上の大地が草1つ生えない砂漠であったら
雨が降ってきても何も生み出せないからです

天と地で循環させませんと


キリスト教のお祈りでいえば

「 御旨の天に行わるる如く地にも行われんことを・・」といったところでしょうか
(ちょっと意味が違っていたら申し訳ありません)

天に宝を積むといって
清貧をあまりに極めつくしすぎるのもどうかと思います

ボロをまとい一文無しで人を救える聖人であれば別格ですが
凡人の我々はそんなことはできません

世捨て人になり変な宗教にのめりこみすぎないことです


天の徳と地の徳バランスよく生活していくのを
理想とします

そういう点で現世ご利益の宗教の存在もありがたいものです
(そっち系を過度に求めると魔が寄ってきますし)


所詮この世の物はすべて借り物(あの世には持っていけません)です
あの世に持っていけるのは思い出ぐらい

残す財産が多すぎると紛争の元になるということで
自分一人ですべて使い切るという方もみえます

金運もある程度、来世に持ち越しできる(らしい)ので
そういうことをすると
この次生まれ変わってきたとき
ちょっと苦労するかもしれません

さて

この借り物の肉体もずいぶんガタが来たなあ〜

そろそろ天の貯金箱を徳で満タンにしておかなくちゃ
あっちの世界で苦労しないように・・・








posted by nob at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

運を貯めよっか!2

運を貯めよっか!2

天に運が貯まっていても、引き出せないことがあります
罪がありそれを反省していないときです

天に負債があるまま・・という状態でしょうか


ですから日々1日の行いを反省しないと
運は下りてきません

キリスト教では懺悔(ざんげ)ってよく聞きますが
仏教でも同じ漢字をかいて(さんげ)と
呼びます

で・・密教で尊天様に願い事を祈祷するときは
最初に「懺悔文」(さんげぶん)を読み上げます

それから開運の祈祷に入るわけです


こうして運を貯めると同時に反省して
天の負債を減らしていくのです


他人の罪を赦すというのは負債を大きく減らします
(他人を責め攻撃し続けるのは天の負債が限りなく大きくなります)

また知らず知らずのうち罪をおかす場合があります
また子供のころなどはるか昔忘れてしまっているものもあります

そうした天の負債を減らすには

謙虚であることです

思い出せない罪は謙虚であることで認めてもらえます

周りのいろいろな事柄に感謝する
そうすれば謙虚になっていきます

将棋の米長邦夫名人は勝利の女神は
謙虚な人に味方するといっていました

こうして運を貯めていつでも引き出せるようにして・・・

宝くじを買うのはそれから です?






























posted by nob at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

運を貯めよっか! 

運を貯めよっか!

運の事を「陰徳」とも言い換えられます

人知れず陰で良いことをすることで
天に運が貯まります
これが無いと引き寄せや祈りは
効果はありません

先天性の運は有限で50歳頃には
ゼロになり無くなります
後天的な運はどれだけでも無限に
増やせます

ですから生まれが悪いとか育ちがいいとか
50歳を過ぎたころ逆転することがあります


一生の運を使い果たしたなんてのは
「先天の運」を使い果たしたということかな


運(陰徳)も無いのに宝くじがあたるとかは
天の運を前借りしたようなものだから
当選したひとが意外に不幸になるのかもしれません


ですから日常生活のなかで後天的な運をためていくのが良いです


人に譲るというのが一番効果があるみたいです


簡単なのがデパ地下の食品売り場の混んでいる通路で
お年寄りに道を譲ってあげることで
歩きながら運を貯められます

人にぶつかったり隙間をぬうように争って歩くと
運を使ってしまいます

「逝き急ぐ」という諺どおりになります


お先にどうぞという心の余裕が運をよびます


相手からありがとうの気持ちを引き出せたら
運がたまります

譲ってあげても何の感謝しない人もいますが
そのときは神様から絶大な運をもらえます
神様からの立て替え払いです


( あおり運転するのは運をなくすだけです )


あとは寄付をすることです

お釈迦様は弟子達に「貧しい人」から
寄付を受け取りなさいと・・すすめました
(豊かな人からではないのです!)

貧しい彼らが寄付をすることで恵みをうけることが
できるようになると言っています

むしろ貧しいからこそ運をためるために
他に人に寄付をすると運が良くなるそうです

金額は関係ありません
1円でも良いのです
天は行動を見ています


そんなわけでお釈迦様は弟子達に貧しい家庭をあえて
回ってお布施をもらってくるように指示しました
彼らの運気を変えるために


聖書のなかでも貧しい婦人がなけなしのお金を
寄付する姿をみて
イエスキリストが
彼女はだれよりも多く寄付をしたのだと
褒め称えています

最近はキャッシュレスで小銭使うことが減りましたから
寄付する機会も減ってるみたいでしょうか?

わたくしは左のポケットにいつも小銭をいれた
財布を用意して
そして機会があれば
人に譲ることを心がけています
















































posted by nob at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする