2015年09月28日

医療技術はすすんでも 医療仁術はそこそこですな〜

日曜診療日・・朝
急患さんが来院された

歯を他の歯科医院で抜いてもらったが
「出血」が止まらないという

手にはショッピングバックいっぱいに
血まみれのガーゼがぱんぱんにあふれかえって
真っ赤になっている
その出血量にすこしぞっとした

口の中をみると、抜いた傷口から
血がどくどくと染み出てくる・・

土曜日の夜11:00ごろから出血が始まり
朝までとまらないのだという

とりあえず、止血処置のやれるだけのことはやって
なんとか出血はおさえることができた

どうやら、脳か心臓の疾患で抗凝固剤を服用していたとのこと

血をさらさらにして血液の流れが良くなるくすりです

こうした薬を飲んでいる方にときどきおこることがあります

だだ、話を聞いてみると、かかりつけの内科の先生が
抗凝固剤を飲み続け歯を抜いても問題は無いと言ったらしいのだ

それでその歯科の先生もそのまま抜いた結果
こうなったというわけである

昨日の日曜日も
ワーファリン(抗凝固剤)服用している患者さんの
歯を抜くために内科の先生に
歯を抜く前日と当日の2日間投薬(服用)が
中断可能かどうか相談できますかと
患者さんにお願いしてみたところ

月曜日の朝(今日)とんでもない回答がきた

「薬ストップしなくても歯を抜く歯医者を探しなさい・・」

と言ったらしいのです

(ええ〜っ?)
出血が止まらなくなる可能性があり
現実にそうしたケースに遭遇したばかりの
私にとっては

なんつ〜医者じゃろう・・・

医療技術はすすんでも
医療仁術はそこそこですな〜

posted by nob at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。