2015年04月14日

入れ歯が血圧の薬で合わなくなる?

入れ歯が血圧の薬で合わなくなる?

IMG_0132.jpg

この本の101ページの記事なのですが

一部の血圧の薬は歯茎を傷める副作用があるので
入れ歯が合わなくなる

と書いてあるのです

内容は入れ歯が合わなくていつも口内炎の薬を買っている患者さんが
薬局の薬剤師さんに指摘された事実は

「血圧の薬を出している先生(内科)に歯茎が腫れて
入れ歯が合わないことを話すようにしてくださいね・・」

そして血圧の薬を変更したら歯茎の腫れが治まったそうです


ジヒドロピリジン系という薬は
血管の筋肉内にカルシウムイオンが
入らなくさせる作用があり
それで血管がゆるんで広がり
血圧が下がるというものですが

この結果、骨にもカルシウムが行かなくなるということで
アゴの骨がやせ細り
入れ歯が合わなくなってくるようです

・・しかし
もしそうならやせてくるのはアゴの骨だけなのだろうか?
という疑問があります

ほかの全身の骨も弱くなるのでは?

それって・・血圧の薬の副作用による
骨粗しょう症?が発生していないか
(そこまでは書かれていませんが)

それでさらに骨粗しょう症の薬を出されて

さらにアゴの骨が壊死するという
最悪の組み合わせ!が発生していないか?

骨粗鬆症の薬の副作用


骨粗鬆症の薬を飲み続けてアゴの骨が壊死してしまった方のレントゲン写真

この本の191ページに
骨粗しょう症の薬でアゴの骨が腐るという
副作用も紹介されています

これからは血圧の薬が出されていないか
入れ歯の患者様すべてに質問するようにします




















posted by nob at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

脳の中の時間旅行


この仕事をしているといつも時間について考えます

待っているときの時間は遅く感じるのに
楽しいときの時間は早く過ぎるのは
皆さん共通と思います

時間は伸び縮みするものだとも言われてます

この場合は人間の時間感覚が
伸びたり縮んだりするものなので
脳の中の時計の進み方が違うのでしょう

脳の中の時間旅行 クラウディア・ハモンド 渡会 圭子 訳

IMG_0099.jpg

絶対的な物理的な時間のほかに
感覚的な時間の流れがあって

人は後者のほうに左右されることが多いようです

この本は実に面白い内容で・・・
かなり難解です
よく翻訳できたなと感心します

体温が高いとき時間の流れを遅く感じ
恐怖で時間の流れは遅くなる
うつ病になると時間がゆがむ
言語が時間の感じ方を変える
なぜ年をとると時間の流れが速くなるのか
時間の流れが加速するとき

・・などとても考えさせられる内容です

さて、
歯磨きしているときの3分間は
長く感じるけど
TV見ているときの3分は短い!

それなら、TV見ながら歯磨きしたら
みなさんはどう感じますか?





菱田デンタルクリニックのHP



posted by nob at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

歯医者さんのマンガ

歯医者さんのマンガ

IMG_0089.jpg

ずいぶん古い本です。内容は4コママンガになっています
汚れはなくピカピカです
ずいぶん長期間売れ残っていたのでしょう
ちょっと前に手にいれました

IMG_0091.jpg

しかし、ものすごく薄い本で1冊の厚みが5ミリほどしかありません
同人誌というのでしょうか?

IMG_0090.jpg

歯科医師会の資料を作成するという場面で
「ワープロ」などというレトロな器械がでてきますので
30年近く前の本になります

私も・・マンガを描いてみたいと思っていますので
参考になりました

いつできるのかは定かではありません
今のところボタニカルアート(植物画)でも
満足な時間が取れないものでして

菱田デンタルクリニックのHP

posted by nob at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

生き方は星空が教えてくれる

生き方は星空が教えてくれる

IMG_0077.jpg

著者は木内鶴彦さんという方で
彗星捜索家(コメットハンター)だそうです

夜空の中で見つけた彗星がもし新発見のものであれば
彗星にあなたの名前がつけられるという(永遠に)
夢のようなお仕事です

すでに幾つもの彗星に木内氏の名前が付けられていて
天文家としては世界中に有名な方です

歯科のようなちまちました世界より広い宇宙空間を見上げている
天文家は私にとっては、ちょっと憧れでもあります

子供の頃から星に興味のあった木内氏は
漠然と宇宙飛行士になれたら・・と
まず自衛隊に入りそこからNASAを目指そうとするのですが

あるとき勤務中 病に倒れます
一晩で72キロあった体重が42キにまで減少し
生死の境をさ迷います

奇跡的に命はとりとめるのですが
自衛隊での勤務は困難で

その後、実家にもどり
夜空を見上げ星の観察を始めたところ
家と山の往復でしだいに体力が回復して
次々と彗星を発見できるようになったようです

さて、新発見ばかりでなく、とある彗星を「再発見」して
事態は急展開をみせはじめます
130年間行方がわからなかったその彗星の名前は
スウィフト・タットル彗星
再発見ですから木内氏以外の別の方の名前がつけられています

再発見後、木内氏に連絡が来ます
アメリカスミソニアン天文台のマースデン博士より届けられた
情報でその彗星が2126年に地球に衝突する可能性があると
いうものでした

大きさは20Km(木内氏の計算では7Km~25Km)
これだけ大きなものが地球に激突したら恐竜絶滅以来の惨事です

残された時間は100年ほど
ここから彗星監視体制をつくるため
世界的なネットワーク構築として
アメリカの軍事技術だったインターネットが供与され

さらに彗星を破壊もしくは軌道をそらすため核ミサイルを打ち上げる
準備として宇宙ステーションの建設が始まっています
(宇宙ステーションから発射したほうが誤差が少ないらしいです)

まるで夢物語かSF映画の世界ですが
現実の時計の針は着実に進んでいます
間に合うかどうかぎりぎりだそうです

さて、木内氏はもうひとつ別のお話で大変有名でもあります
先ほど生死の境をさまよった・・ということですが

いわゆる「臨死体験」をされたのです
その内容はずっと人には語らなかったのですが

今までの臨死体験のような
お花畑がでてきてというような話ではありません

もっと壮大なお話が出てきます
その内容はこの本
「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み

IMG_0078.jpg

これはそれぞれの方、読者の受け取り方しだいですから
興味がありましたら読んでみるのが良いと思います
結構疑問に思っていたことが
解消できました
私は
皆様はどうでしょうか?・・・






菱田デンタルクリニックのHP


























posted by nob at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

がんの特効薬は発見済みだ

がんの特効薬は発見済みだ

DSCN0358.jpg

わたくしがこの本を知ったのは行きつけの
かわの療院という まあ整体のような治療院であります
そこに置かれていた本がこれであります
(かわの先生にはいつもお世話になっております)

内容は・・・
30年前(1985年)に発表されたガン治療の論文を見直した1人の医師が
再調査したところやはり高い抗がん作用を持つ
クスリ(成分)であることが確認されたということであります

この成分の名前は「パラヒドロキシベンズアルデヒド」
アーモンド(そのほか杏の種の中)に含まれています

杏(あんず)の種の中の白いところは杏仁豆腐の成分と同じです
市販で売られている杏仁豆腐はほとんどそっくりさんで
抗がん作用がある漢方薬としての「杏仁」の成分は少ないです

またエドガー・ケイシーという人のリーディングの中でも
アーモンドの抗がん作用は述べられています

なぜ、30年もほっておかれて、今もそのままなのか?
一言でいえば「利権」

そんなに簡単にガンが治ってもらっては
困る、非常に困る方々、団体、組織がある
ということです

だから最近では 医者のいいなりはやめなさいとか
ガンは切るなとかいった本があふれかえり
年々その数は増してきています

この本「がんの特効薬は発見済みだ!」は2011年の
発行ですからすこし古くて
今ほど医療に関して反旗を翻す世間の下地はあまりなかったころのものですから
今読んでみると、けっこう的ついているのかもしれないなという
気がしています

・・というわけで
私はきょうもアーモンド食べて
アーモンド飲料飲んで
抗がん作用期待して、アンチエイジングします

DSCN0354.jpg

ええっと、、それから、早くアーモンドの花の絵を仕上げなくては・・

DSCN0352.jpg

明日、、はアンチエイジング抗老化防止スプリントのお話です




posted by nob at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

当たってほしいのは宝くじ



「未来人ジョンタイターの大予言」という本です

DSCN0263.jpg

西暦2036年の世界から(自称)タイムマシンに乗ってやってきて
2000年ごろアメリカのネットに書きこまれた内容を
まとめた本です

予言の内容には当たり、ハズレがあり
マユツバ的お騒がせ本ということになり
中古本屋さんで叩き売られていました

しかしながら・・

ウクライナをめぐってロシアと欧米の対立が深まっています
1年前まで全くそのような兆しは無かったのですが
この情勢のおかげで再注目(ネット上で)集め始めているようです

その本では今後ロシアとアメリカ・ヨーロッパの対立が激化して
世界大戦へ発展していくという記述があります
それが来年2015年だというのです

この本には予言に対する解説、考察が書かれていて
現在のアメリカ、ロシアの関係から対立はありえないので
この予言はハズレだろうと思われてたのですが・・

この機に乗じて中国もアジアに侵攻を計り韓国、日本も巻き込まれ
中国はオーストラリアまで軍を進めると書かれています

さて、現実にもどりまして
日本が消費税を上げるとアメリカがらみの戦争が起きるので、
アメリカに戦費として毎回巻き上げられているのではと思うこともあります

それならそろそろ準備を・・ということですが
アメリカもお金ばかりか今回は軍隊にも余裕がない
そこで日本をアジアの(アメリカの)猟犬に仕立てるために
集団的自衛権をあわてて成立させようかという流れが
あるんでは?

興味ある方は買って読んでも悪くないかと
出来の悪いフィクション小説ってことであれば
面白いかもしれません

アマゾンではなぜか元値1000円だったのが6000円以上の値段付いてます




わたしも手元のこの本売ってみようかな〜
予言より当たってほしいのは宝くじ









posted by nob at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

歯医者のウソ

「歯医者のウソ」

DSCN0078.jpg

「ウソ」というよりは、「無知もしくは無為」といったほうが
正確かと思います

虫歯、歯槽膿漏といった症状の「一部」が
「噛み合せ」からも!生じているからです
あるいは体の骨格のバランスの歪からも生じている・・


それを多くの歯医者が知らないか
知ろうとしないだけか
知っていても手を出さない
というのが現状ですから

ざっくばらんに言って
「歯医者のウソ」という題名になったと思います

噛み合せがいろいろな症状を引き起こすことは
30年ぐらい前からささやかれていました
古くは市波治人
吉田観持氏の構造医学
など数え上げたらきりがありません

その後さまざまな講演会が色々な先生方によって開かれ
ブームになっては消え去っていきました

「説」としてはそれぞれOKなのですが
一部の患者さんにあてはまるけれども
すべての人にあてはまる公式になっていないからです
「解」の導き出せない多次元方程式

・・で経験的に治療してみたら結果オーライだった
というのが今までの「噛み合せ治療」の流れです
理屈は後付けで考えての講演会

ただし無駄ではありません
こうした先生が数多く輩出されていけば
いずれ解法がみつかるでしょう

読んでいて良い刺激になった本でした






posted by nob at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話

DSCN0096.jpg

めちゃくちゃに面白いです。この本は!

最初はサヤカちゃんの学年ビリの珍回答の連発に大笑いでしたが
中盤から後半は涙と鼻水で何度もページを閉じて休憩
最後は体がほてって熱くなって
冬なのにもかかわらず熱くて汗がでて
半そでシャツ1枚になって読んでいました
ラストは感動で涙ぐしょぐしょ!

2時間ほどで読み終えてしまいました

実話はフィクションより面白い!


posted by nob at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

女子高校生サヤカが学んだ1万人に1人の勉強法

女子高校生サヤカが学んだ1万人に1人の勉強法

お正月はどこにも出かけることも無く本を読んでいました
家にはネコ2匹、犬2匹、ウサギ2羽いるため
旅行に行けないのです

そんなわけでいつも休み前に大量に本を買いこんで
読みふけっているというわけです

そのうちの1冊でしたが
この本は内容がちょっと変わっています

DSCN0081.jpg

1万人に1人の勉強法・・といいますが
実践している人は実際にはもっと少ないはずです

中学時代いじめに会い自信をなくした
女子高生サヤカが母のすすめで「ある人物」と文通することが
勉強法というわけなのですが
その文通相手が刑務所の受刑者なのです


実在するその受刑者の名前は美達大和といいまして
すでに獄のなかから何冊もの本を出版しています

最初は本を読んだサヤカの母親が刑務所の美達大和に
直接手紙を書いて文通を始めたのがきっかけです

本の内容は文通手紙形式なので大変読みやすいです
勉強法といっても問題を出して添削するというものではなくて
ただ何故勉強する必要があるのか?とか
人生との向き合い方捉え方を彼女に教えていくというものです

それによりサヤカは自身を取り戻し
成積も上がり医学部を目指すというストーリーになります

美達大和氏は殺人事件を起こしたと告白しています
「人を殺すとはどういうことか」という本も出しています

何か事情があって事件を起こしてしまい
彼はすでに仮釈放が決まっているのにもかかわらず
一生刑務所から出ないと決めているそうです
終身刑を自ら選んだのは、事件被害者家族のことを
考えると出るわけにはいかないと
かたくなに拒んでいるようです

ただ、その生真面目さが時に
人を許さず、他人も許さないという融通さに欠けるため
自他を責めるということになっていると思います

孤独が人を哲学者に仕立て上げていく環境なら
刑務所は意外にも悟りをつかみやすい場所でもあります

以前NHKのTVの取材で
ある死刑囚の独房が公開されたことがありましたが
独房の壁に絵が描かれていました

作者はその独房に居た死刑囚です

その絵は仏様(お釈迦様)の絵でしたが
あまりにもすばらしい出来でした
TV画面を通じてもその迫力が伝わってきたのです
それを見た時、声をあげることができず
かたまってしまい涙がにじんできました
死と罪に向き合った人間はこんな絵を描けるようになるのかと
今も目に焼きついています

しかし
死刑が執行されその絵はその日のうちに
壁から削り取られるということに・・

取材した記者も相当圧倒されたようで
「これ・・削り取ってしまうのですか?」
「ええ、規則で・・」
そんなやり取りだったと思います

もうその絵は地上には存在していません
あまりにももったいないという気がしていましたが
受刑者もそれがわかっていながら
あえて「壁」に描いたのだと

それに近い想いが
美達大和氏にもあるのでしょう
一生ここから出ないという・・

もし出て、外の波に流されたら
獄の中で研ぎ澄まされた
小説家としてまた哲学者(に近い)としての
彼は存在しなくなってしまいそうですから

そのようなわけで
しばらくは彼の本を探して読んでみようと思っています

































posted by nob at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

画相で透視する方法

画相で透視する方法

IMG_3624.jpg

これは昭和8年に刊行された本の復刻版です
内容は人の顔にはその人の「未来が現れる」というものです

単なる人相占いとは違うようで奥が深いです

まるで、占い師の水晶玉のようです
のぞきこんでいるとわかるようになるのだろうか?

以前の記事「顔に全身のツボがある」で良く似た本で
「図説顔面診治法」というのがありますが
こちらのほうが内容的には整っています
中国の方の執筆ですが日本語表示されています
もっともこの先生から直接教わったため
わかりやすいと感じただけかもしれません








posted by nob at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。