2012年03月17日

金融占星術

夜の西の空に明るい2つの星が輝いています
明るい方は金星で小さく見える方は木星
この兆候が現れている間、少し景気は良くなります
5〜6月くらいまで日本の株式市況は
好調らしいです。

金融占星術というジャンルがあって
占星術で世の中の流れを予測して
投資に応用しようというものです

ばかばかしいと思うこともあります
すべて当っているわけではありませんから
ただ、以外に「金融のプロ」が応用しているらしいのです

欧米の巨大証券会社、銀行、保険会社、超お金持ちには
かならず、お抱えの金融占星術家がついているそうです

そうした彼らが同じ答えを導き出して投資をしたら
大きなお金の流れが生じます
それに付いていけば、いいだけなので
金融・投資の猛勉強はいらないかもしれないです

さて、金融占星術の専門の本があります
「金融占星術」
IMG_2726.jpg
興味のある方は買ってみるのもよいでしょう

もう1冊「FORECASTS」
IMG_2725.jpg
毎年年末に発売されすぐ売り切れてしまうので
予約しておかないと手にはいりません

金融占星術によると、日本の株式「日経平均株価」は金星の動きと
関連が深いそうです。一方木星は一般の占星術でも「幸運」を
もたらす星として良く知られています

この2つの星が今地球からみて並んで輝いているので
日本の株式が好調になってきた?のかもしれません

でもいつまででも続くわけではなさそうです
11月ごろまた暴落するサインがあるようです

天が指し示す流れも人間の意思には勝てないので
人の欲望までは占星術で占えません

あくまで参考程度にとどめたほうが賢明です
ちなみに私はこのおかげで?損失は出ていません
昨年はプラス30%でした









posted by nob at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

DELLパソコンサポートセンター

今年1月5日にDELLパソコンサポートセンターに電源コードの注文をいれた。しかし、いつまでたっても、届けられることなく、1か月が経過した。どうも、連絡がうまく会社の中でうまく回っていなかったようで、先日、やっと届けられた。
 

image/2010-02-14T22:36:301
 
 電源コードは中国製で、ちぎれてしまったので、写真のようになんとか、接着剤で固めて使用していた。
image/2010-02-14T22:37:061
image/2010-02-14T22:37:061
 
 それが、注文で届けられた新しい電源コードは、ちぎれないような形状にこっそり、変更されていた。これが、トヨタ自動車の場合は、リコールで無償で回収修理なのだが、DELLの場合は顧客自己負担である。
 「ちょっと、こすくないですか?アメリカさんよ。」と言いたい。

 さて、1か月も遅れた理由は、はっきりわからないのだが、実は、占星術的な見地から見ると、私が注文を出した時期は、連絡がうまくとれなくなる可能性がある時期にあたっていた。専門的には水星が、地球の軌道からみて、逆行する時期でありました。水星はコミュニケーションをつかさどる星とみなされていて、逆行するときは、通信ミスも出やすくなるそうです。
 
 そう思うと、「星のせいだったのか。それなら、仕方ないな。」と、担当者を責める気持ちにならずに済みます。
 
 ちなみに、次の水星逆行時期は、4月19日〜5月12日になります。予約など間違いも出やすくなる可能性がありますから、よーく何度も確認を取りましょう。

 
posted by nob at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

冥王星の次の行き先は・・・

昨日は、冥王星の支配をやっと逃れたという話でしたが、その冥王星が次に支配する星座はやぎ座になります。そこで、やぎ座の方はこの期間に本当に信頼できる人間と、そうでない人間が必然的に選別できる時期になります。私にとってとてもつらい時期でありました。多くの友人を失いました。しかし、最後まで残った人達は精錬された混じりけのない本物です。大切に出来ます。また、身内や友人でやぎ座の方のみえる方はこれから出来る限り見捨てずに助けてやってください。将来大きな心強い味方になります。私はこれから、16年間助けてくれた恩人にお返しをする番になります。

http://www.ric.hi-ho.ne.jp/hishida-dental/
posted by nob at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

冥王星の支配を逃れて

 私はいて座であります。占星術では今まで16年間の長きにわたって冥王星の支配を受けていました。冥王星は「プルート」といいまして、そこから放射性物質「プルトニウム」の名がつけられました。あまり良いイメージはありません。太陽の周りを200年以上かかって1周するので、12の星座にそれぞれ12年から38年かけて滞在するのです。直観的には「死」のイメージが強いのですが、そこから「再生」も意味しますので、この試練を乗り越えると、新しい人生が始まると見られます。しかし、この16年間はわたしが、ちょうど開業して過ぎた期間と一致していて、正直きつい16年間でした。これから、ようやく人生楽しめるかもしれないと期待しています。これに気がついたのは、じつは最近のことで、占星術を少し勉強しはじめた、ここ1年のことでした。
 今、気にしているのは、この不況がいつまで続くのかです。ここ2〜3年の星の配置が第1次世界大戦直前の大不況と良く似た星の配置なのです。すると、後5〜15年続く可能性があり、大変長くなるわけです。土星、天王星、冥王星がそれぞれ90度の関係になり、その配置角度が5〜15年続くということなのです。まだ研究中なので、もう少しわかったらまた、UPします。


http://www.ric.hi-ho.ne.jp/hishida-dental/
posted by nob at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。