2015年09月05日

歯を抜いた痕が痛むのは・・

歯を抜いた痕が痛むのは・・

昨日来院されたとある患者様が
「別の歯医者で抜かれた歯のあとが痛い・・」
「アゴからクビまで痛む・・」
ということでしたが

女性、高齢・・ということを考えると

「ひょっとして、骨粗鬆症の薬を飲んでいませんか?」
と聞いてみた

「はい、整形外科でいただいた薬を飲んでいます」
とのことでした

(あっ、ビンゴだ・・)

実は骨粗鬆症の薬を飲むと
アゴの骨が壊死するという副作用があるのだ

それを説明したうえで、しばらく傷跡を消毒つづけ
整形外科の先生には事情を説明したうえで
副作用が出始めているので一時的でも
薬の服用は中断したほうがよいということになりました

それにしても、整形外科の先生も患者さんに全く説明しないでいたら
前の歯を抜いた先生も骨粗鬆症の薬を飲んでいることなんか
わかりゃしません

ですから、前の先生の腕がわるいわけではありません

歯はきっちり抜けていましたし、血も止まっています

皆様も医者のいわれるまま、盲目的に薬をいただくのは
勉強して、考えてからのほうが良いと思います



posted by nob at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

歯の再植

歯の再植

レントゲンに映っている歯は
根っこの先に根先病巣ができていて
骨が溶けて黒っぽく映っています

IMG_0103.jpg

根管治療をずっと続けていたのですが
どうしても症状がおさまりません

骨の中の根先病巣がありますと
根っこの先に「魚の目」があるようなもので
噛むと圧迫されて歯が痛く感じるのです

この場合
歯をどれだけ治療してもおさまりません

家が悪いのではなく、土地が悪いのですから
歯の根っこをどれだけ消毒、洗浄しても
根先病巣は消えないのです

工場が廃液を流して、地面にしみ込んだ状態に似ています
工場をどれだけ改装しても地下の地面に問題があるので
汚染された土を掘り出してやる必要があるのと同じです

IMG_0102.jpg

この患者さんの場合
一旦、歯を抜いて
骨の中の病巣を掻き出して除去してから
また骨の中に植え戻ししました

経過は1ヶ月経ちましたが良好です
完全に固く骨にくっつくまで
もう1ヶ月待ちます

すぐにインプラントにしないで
何とか使えるうちは
可能性があるうちに
再利用、歯の再植という手段もあります

菱田デンタルクリニックのHP

posted by nob at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

春は親知らずが痛み出しやすい

春は親知らずが痛み出しやすい

春は植物が芽を出し成長するシーズンなのか
歯の親知らずものびてくるのか
痛みを訴える患者さんが多くなります
自然の摂理なのかもしれません

これが終われば熱い夏・・ということになります

posted by nob at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

親知らず抜きました

親知らず抜きました

埋伏している親知らずを抜きました
最初はこれです

IMG_0016.jpg


下顎の一番奥に横向きに生えている(埋まっている)
親知らずです
抜く時間は麻酔入れてから
縫合して縫い終わるまで
大体20〜30分で終了

2番目はこれでした

IMG_0017.jpg

上 の奥に一番右上の斜めに傾いて埋まっている
親知らずです

IMG_0018.jpg

これも抜くのに20分ばかりかかりました

いちおう経過は良好ですが
抜いた直後2週間は傷が不安定なので
しばらく消毒続けていきます


posted by nob at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

横向き埋伏親知らず

横向き埋伏親知らずを抜きました
IMG_3623.jpg
レントゲンの写りがちょっと良くありませんが
ほとんど真横になっています
麻酔してから歯を食パンを縦に切るように
輪切りにしていって前の歯にひっかからないようにして
抜きます
もっとも抜く・・と言うより
削っている方が時間的には長いものですから
「抜く」より「削り出し」といったほうが
いいかもしれません

その分他の歯を抜くよりかは
時間かかかるので予約時間は30分とっておきます
今回は麻酔から縫合まで20分ぐらい

抜いた直後、痛みがなくても
2週間は傷口が不安定なので
1か月ぐらいは消毒つづけます

なにしろ人間(日本人)は毎日食事して
汚れが残りますから・・

ちなみに絶食、断食していますと
歯が汚れません

口の中の雑菌を死滅させたい方は
お試しください

私自身の経験ですが・・・


posted by nob at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

親知らず2本

今日は親知らず2本抜きました

どちらも、まっすぐ生えてません
水平に横になっています

IMG_3610.jpg

こちらは横向きになった親知らずが
肉の下で虫歯になってしまっている状態です
まきぞいで前の歯の裏側も虫歯になってしまっています

PM7:00から抜きはじめて15分ほどで完了しました

もう1本は午前中に抜いたのですが
抜いた後が痛む、変な感じがするというので
レントゲン撮ってみましたら
親知らずがもぐっていました
これも水平に横向きです
IMG_3611.jpg

しかも下向きにもぐっていて、下歯槽管という太い神経の真上に
あります

この歯はちょっとてこずりました15分ぐらいでいけるだろうと
思っていましたが30分かかりました
下向きに生えているので
下向きに引っ張り出す・・というのが
なかなか出てきませんでした

なんとか抜き終わりましたが
抜いてみないと実際にはどのくらいかかるか
わからないものです

それにくらべてらインプラント手術のほうが
よっぽど楽です

歯科の場合は自費の治療のほうが
よっぽど簡単なものがあります

保険治療って実際にはかえって難しいもんですよ
だから、みなさん歯医者には不満も多いのでしょう

自費診療ばかりやっているところが
かならずしも技術があるという
わけではありませんので

ネット情報にふりまわされないように・・








posted by nob at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

9月9日今日は救急の日

9月9日今日は救急の日

なんて考えていたら、本当に救急急患さんの依頼が朝から!

保健衛生大学から連絡で、少年が事故で歯をやられてるとのこと

それで予約患者さんをしばらくお待たせしての急遽診療開始

前歯2本が折れて、神経がすでに出ています
また2番目の歯は骨から飛び出て緩んで脱臼状態
神経を取って、骨の中へ歯を整復します
口中すでに血まみれですが
30分ほどで処置終了

まだこのあと2カ月ほどかかりそうです



posted by nob at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

骨粗鬆症の薬「リカルボン」(顎骨壊死の副作用)

新しい骨粗鬆症の薬のパンフレットです

IMG_3521.jpg

名前は「リカルボン」
新しい・・とはいいながら
結局はビスホスホネート系の薬ですから
アゴの骨の壊死や歯槽骨を弱くする
副作用があるはずです

私なら家族や親せきには絶対おすすめしたくは
ありません

現在私の医院で副作用で悲惨な状態に
陥っておられる患者さまがみえます

骨(アゴ)がどんどん腐ってきて
細くなり骨折してつながらない状態で
手術も不可能、入れ歯も入れられない
大学病院でもお手上げ・・

で仕方なく毎週アゴの骨のむき出しになった部分を
消毒し続けないとさらにアゴの骨が壊死していくという
悪循環を断ち切れない状態なのです

IMG_3522.jpg

IMG_3523.jpg

中身の効能書きはとても立派なのですが
実際には背筋が凍る副作用については
なにも述べられていません

他に大たい骨骨折(しやすくなる)という副作用が
あるそうですから

「力」「荷重」のかかるところに
副作用がでるのではないのか?
と考えています

どちらも発生頻度不明と*マークだけつけてありますから
本気で取り組む気はなさそうです


医者は信頼してほしいのですが
医学は完璧じゃありません

TPPでこれ以上の恐ろしい薬も入ってくるかもしれません

今のうちから
薬に頼らない生活をめざしたいものです

骨粗鬆症の薬が顎骨壊死の副作用を起こす


骨粗鬆症の薬が顎骨壊死の副作用を起こす2


骨粗鬆症の薬で骨が壊死


骨粗鬆症の薬の副作用(顎の骨が壊死)


posted by nob at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

骨粗鬆症の薬の副作用(顎の骨が壊死)

骨粗鬆症の薬の副作用(顎の骨が壊死)
IMG_3186.jpg

IMG_3185.jpg
写真は骨粗鬆症の薬の副作用で
顎の骨が壊死してしまった骨の一部分です

無理に手術して取り出したわけではありません

アゴの肉がぱっくり割れて
その傷口から、壊死した骨のかけらが
ボロボロ崩れ出てくるのです
まるでビスケットのようです

痛くないわけがありません
毎週傷口を消毒していかないと
腫れあがってしまうのです

大学病院でも手術不可能ということで
当医院において(永遠に)消毒し続けるしかありません

傷口がふさがらないのです、その下に骨が見えて
丸出しなのです

傷口をいじれば、余計に傷口が広がるという
副作用です


骨粗鬆症の治療といいながら
悪魔のような副作用を持つ薬です

名前・・は「ビスホスホネート系」という薬で
各社色々な名前で販売されています

もし、お医者さんから
「骨を強くするおくすりです」といわれたら

用心してください

posted by nob at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

本日の急患さんは1歳

本日1歳のお子様を連れたお母様が
「上の歯が・・・」と言って
来院されました

うん?どこも悪くなさそうだけど・・?
と思って良く見たら

歯ではなく、のどの奥に2〜3センチの傷口が
ざっくり!
見た瞬間、少し息が止まりました
血は止まっていますが、かなり深くえぐれています

スプーンをくわえて転んで刺さったようです

もう少し深ければ大量出血でのどに血が溜まり
呼吸困難も考えられるほどです

とりあえず止血と消毒
2次感染の防止のため
明日以降も引き続き
経過観察です

明日はどうかな
大丈夫ならいいけど



posted by nob at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。