2019年11月10日

亡くなってしまった患者さん


主人が3日前に亡くなりました

そう告げられたあと、しばらくとまってしまった

あの元気でどこも病気などなさそうな

いつも大きな声で話し、朝1番にやって来られる

一生忘れられない患者さんである

急病で緊急入院してすぐ亡くなってしまったらしい


まだ初7日のさなか、しばらくお不動様の真言を唱えてあげようと思います
posted by nob at 08:53| Comment(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

懐かしい患者さん

懐かしい患者さんが来院された

全く変わらぬ姿に少し驚いた

人間のつくりが違うのだろうか?

時空を飛び越えてきたようだ

それに引き換えわたくしは

少々へばっております

今日は郡上からという遠い場所から
こられた患者さんも・・・

ありがとうございます

本当に!!
posted by nob at 14:10| Comment(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

なんていい声なんだろう

診療中、患者さんの携帯電話が鳴った
「すいません、今歯医者さんで・・あとでかけ直しします・・」
申し訳なさそうに電話に電話に出られた患者さんの声が
とても良かったので
思わず、聞き惚れてしまった

率直にいってみた
「ずいぶんいい声をされていますね」
「聞き惚れてしまいました」

それもそのはずで

有名な大学の先生でよくTVや新聞などで紹介される方で
講演が大変多い方でした

声の質としてはうちに来院される
アナウンサーとほとんど同じ声の質でした

講演をやっていると声がよくなるのかな?

わたしは鼻やノドが弱いので
声質があんまりよくありません

患者さんへの説明が時々貧弱になるというか
声を出すということ自体で疲れてしまうことがあります

診療で死に物狂いで集中モードに入っていると
マラソンランナーのゴール並みに話ができません

言葉が出なくなるんです

ああ、声の良い人がうらやましい〜







posted by nob at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

ゴミ拾いしながら犬の散歩される患者様

毎朝、犬の散歩をしながら
ゴミを拾い集めている患者さんがみえます
今朝も挨拶しました

大きなゴミ袋には結構拾い集められた
クズや落ち葉がたまっています

自分の飼い犬の糞を拾う人は多いなか
それ以外のゴミも拾ってくれているなんて・・
と感謝したしだいであります

もううちの医院でこちらが10年以上
こちらがお世話になっているご夫婦です

犬は柴犬の「うぱ」チャン

奥様は一時脳梗塞で倒れられ
入院しましたが、今は元気に回復されています

「うぱ」ちゃんはきょうもお仕事

ここゴミ  ワンワン!

ありがとうございます

菱田デンタルクリニックのHP



posted by nob at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

患者さまからはっさくをいただきました

患者様からはっさくをいただきました

IMG_0092.jpg

80歳を越える年齢なのですが、
8020の表彰をもうずっと以前に受けられた方なので80歳台後半です。

そして、はっさくを箱いっぱいに抱きかかえて持ってこられたのです
実の切り口を見ると落ちたものではないので
1つづつはさみで採ったものです
両手をずっと上にあげて採取するのは
肩にも負担がずいぶんかかったでしょうし
相当重かったことと思いますが、とても元気です。

日進市内に3000坪もの土地がありその庭にいろいろな果物のなる植物があるそうです

土とじかに接して生活していることのほうが人間にとっては健康的で自然なことなのかもしれません

太陽エネルギーをいっぱい吸収したはっさくをいただきます
ありがとうございました


菱田デンタルクリニックのHP
posted by nob at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

県外、海外の患者様

本日は土曜日、各地から来院される遠方からの患者様が多い日でもあります
静岡県湖西市、岐阜県恵那市など県外からの患者様
本当にご苦労様です

また、海外赴任されていて日本に帰国したとき治療される患者様も
2名、どちらもC国から一時帰国のたびに
治療されているわけですが

どうもかの地での診療がちょっと・・・・ということのようです
実際はどうなのか私にはわかりませんが

そういう点では欧米のほうが返って
良い治療を受けることができるのかもしれません

もっとも、、、自費ですが

海外へ行かれる方は少なくとも半年前には
歯科については受診しておかないと
間に合わないこともありますので

治療を受けるときは計画的に
考えられることをお勧めしておきます



posted by nob at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

パネライにロレックス

先日ある男性患者さんの治療中
手首の腕時計が目にはいったのですが
60代ぐらいのかたです
そんなに派手な服装はしていないのですが
いやむしろ地味なぐらいです

ベルトに刻印されている文字見てびっくり
「PANERAI」

えっ!?
あの「パネライの腕時計」



車が1台買えておつりがくるぐらいの超高級腕時計・・・

じかにつけている方をはじめて見ました


そういえば前回は確か
ロレックスの文字盤が黒のクロノグラフつけてたはずだけど

一体何者なの??



次に来院されるときはどんなサプライズがあるのか・・・






posted by nob at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

月の影響?でほうれい線が・・

スーパームーン?月の影響でしょうか
ここのところ歯茎が腫れたと来院される方が急増しています

そのなかでとある女性の患者さんが
「腫れたおかげで
 ほうれい線が消えて・・・」
と・・
なんとポジティブな方でしょう



posted by nob at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

名前をつける?

はじめて入れ歯を体験することになった患者様

使い方をひととおり説明し終わった後で
聞かれたことは

「入れ歯に名前をつけます」

(???)

「物に名前をつけませんか?」

(それもなかなか面白い!)

「う〜ん、メッシにします」

(ワールドカップのサッカー選手の名前か、今が旬ですな)

「メッシは飯(めし)につながりますから・・」


発想がすばらしい患者様に恵まれてわたしは
幸せであります

posted by nob at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

ただ自分の権利のみをふりかざす人

ただ自分の権利のみをふりかざす人

この仕事を長くやっていますと
「ただ自分の権利のみをふりかざす人」というのに遭遇します

予約したんだから自分を早く入れろ!
とくるわけです

でも予約・・・・と言っても
当日、前日にいきなり
ごり押しで入ってくる人ほど
「そう」言います

私は前もって古い予約した方の権利を優先しますので
そうした方々に対しては
「お待ちいただきますよ」と念を押しているのですが

大体、耳に入っていなくて、聞いていません
この時点で、「自分中心」ですから目的達成したら
後は、権利を手中にしたから
それをふりかざすことしか頭に残っていません

性格的に冷静になれない方が多くて
周りの状況を把握していません

昨日もごり押し予約で入ってきた女性が切れました

同じ時間に発育障害のハンデのある方がいましたので
その方を優先させて、4歳の子供を優先させただけで

その女性は切れました

自分はこの時間に予約している!というわけですが
もともとほかの方が予約されている時間に
ごり押しで後から入ってきたので
スーパーのレジの列に横割りしてきたようなものです

あんたは20分待ったかもしれないが
ほかのまじめに予約された方は
1週間とか1カ月待って
この時間に来られているんだ

的外れな主張するんじゃない

冗談じゃない、この時間に来て
「待つ権利」をあんたに与えただけなんだ

それにこっちから頼んで「来てください」と言って
待たせたのなら、こちらに非があるが
一方的に勝手にやってきて、待つ分については
そちらに非があると言いたい

大体 小物ほど騒ぐ人が多くて
大物は騒ぎません

以前剣道連盟の会長さんは2時間待ちましたし
とある組事務所の組長さんも2時間以上待ちました
しかし、ぐっと待っていてくださいました

やはり大物は違うものです

さて、おのれの権利をふりかざす人間が
どうなるのかという示唆があります
それは芥川龍之介の
「蜘蛛の糸」にあります

生前1匹の蜘蛛を殺さず思いとどまった罪人 カンダタ が
お釈迦様のお赦しで蜘蛛の糸を使って
地獄から抜けられそうになりました
しかし
ほかの罪人が糸につかまって登ってくるのを見て

これは俺の糸だ!登ってくるな!
・・と
自分の権利のみを主張して
また地獄に堕ちてしまうという話です

分かった方はいるでしょうか?


























posted by nob at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする