2015年12月04日

ケイトウ(ボタニカルアート 植物画 途中)

ケイトウの彩色途中です

DSCN0570.jpg

色鉛筆使って描き始めましたが
水彩と違って手こずっております

前回気がついたので色の濃い部分を優先させています

普通の鉛筆と違い芯がやわらかいので
筆圧が必要で意外に手、指が疲れます

また水彩に比べて粒子が粗いので
なんだか昔のデジタルカメラの低い画素数の写真みたいになってしまいます

練習のつもりで今年はこれだけやって来年に備えます

2015年11月30日

人生何を選ぶか(選択)するかよりいかに選ばれるかのほうが大事と思う

人生何を選ぶか(選択)するかよりいかに選ばれるかのほうが大事と思う

人生は選択と決断の連続だとよく言われます

でもわたしはそうばかりではないなと・・

むしろ自分が選ぶより、選ばれるようになるよう努力することのほうが
重要だなと感じています
むしろ選別されている場面のほうが多いのでは・・

こう考えると
入学試験、入社試験も選ばれることですし
恋愛がうまくいくのも選ばれなければ成就しません
プロ野球選手だって選ばれてなれるわけです

お店が流行るのもお客様に選ばれるからこそ繁盛するのであります

なにを選んだらいいですか?という問いは
ある意味「自分本位」「自己中心的」で
一人称的思考回路です
そして絞込みの選択肢の狭まる行動につながります

どうしたら選ばれるかと考えると
視点が自分中心から離れて客観的になり
三人称的思考回路になります
これは絞込みではなく拡大する行動になります

選ぶことばかりを考えないで
選ばれるように努力していけば
うまくいくんじゃないかと思います






posted by nob at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル・開運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ヒロイン登場

今週の水曜日、お歳暮を贈るためにデパートへ行きました
その帰り道、大通りでタクシーに乗ろうとしていた若い男性は車椅子で
運転手の方がどうしていいか分からず
ぼうぜんと立ち尽くしている現場に遭遇したのです

若い男性は体半分タクシーの座席に乗り込みつつあったのですが
それから動けません

周りの誰も気が付かないのか誰も手を貸しません

よし、手伝うか・・
「手伝いましょう」と言いながら
私はその男性の体を抱きかかえて、もちあげようとしました

アッ・・先日の引越しでギックリ腰になったばかりだったのを思い出した

(イタタッ・・)

なかなか持ち上がらないところへ

一人の女性が現われました

「私、介護者です」
「えッ」

そう思うと彼女は手馴れた動作で若い男性をタクシーの座席に
座らせてくれました

黒のミニスカートに黒のタイツ姿でとてもかっこよかったです
そして、颯爽と立ち去っていきました

いや〜・・私はヒーローに全然なれませんでした



posted by nob at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

片付けがうまくいく方法?


引越しのお手伝いをしています
休診日に片付けをやっているのですが

思ったことがありまして

それは

「片付けは他人がやったほうが速くできる」
ということです

引越し作業のさなか
物を片付けていると
思い出の品物が出てきて
古い写真や新聞紙、おみやげ物、いただきものがでてきますと
家族のものはそこで手が止まってしまって
思い出にふけりだすのです

そこから捨てられない、片付かない、どうしたらいいかわからない・・といった
連鎖が始まってしまいます

第3者の目で見れば、冷静に、機械的に物事を処理できるので
これは要るだろう、これはいらないだろうと
すぐにゴミ袋がいっぱいになりますが
当事者になると迷いが出るのです

それからさらに感じたことは

「自分の部屋が片付かない理由」もそこにありそうです
他人の目でみたほうが無駄がはっきりわかるのです

子供にちゃんと片付けなさいといってもうまくいかないのも
同じ理由が少しあるのかも知れません

そんな時、他人が「一緒に手伝いましょう、一緒に片付けましょう」
と持ちかけたほうがうまくいくような気がしてきました

頭越しに片付けろ!というよりも・・・

もっと話をひろげると、外国人からの視点のほうが
日本の問題点がはっきりわかるんじゃないか?ということもあります

日本の官僚や政治家(政治屋)さんがいっぱい集まっても
日本の国の改革はうまくいかないだろうということです

幕末、日本を洗濯いたし候・・といった坂本竜馬は
脱藩浪人でしたし
明治維新をすすめたのも幕府ではなく、長州、薩摩といった
外様藩でした

まあそんなことから
日本を変える方法の1つとして外国の方にお願いしてみるのも良いのでは
ないでしょうか?

「WHY?japanese~!!」といったふうに
厚切りジェイソンに滅多切りにしてもらったほうが・・・



ああ、それにしても引越し作業で腰がいたいわ〜



















posted by nob at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

インプラント植立(大口式)

インプラント植立(大口式)

大口式でインプラントの植立をしました
最初は小さな針ほどの小さな器具から始まり
手作業にて少しづつ穴を広げて
最後にカンナをかける程度に
「ドリル」使って仕上げました

IMG_0021.jpg

IMG_0020.jpg
植立後のインプラントレントゲン写真

手で広げるので、少し時間はかかりますが
削りすぎにならない利点があります

まだ、骨とインプラントがしっかりくっつくまで
2〜3ヶ月はかかりますから

これだけで成功したなどとはいえません

気を抜かずに経過観察をつづけていくつもりです





posted by nob at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。